かにまみれの産地はどこ?国内?海外産?

かにまみれは”訳なし”を売りにしている誠実なカニ通販サイトです。カニの品種から重量、身入りについて、他のサイトでは隠してしまうところを、正直に消費者に伝えることが評判をよんでいます。

では、カニの産地についてはどうなの?ということですが、産地についてもしっかりと明記しています。そこで、かにまみれで扱っているカニの産地や加工地についてまとめました。

かにまみれの産地はどこ?国内?海外産?

かにまみれのカニは、国内だけではなく海外産もあつかっています

基本的にはつぎのとおり。

  • 毛ガニ → 北海道
  • 本ズワイ → カナダ・ロシア
  • 本タラバ(生) → 北海道・ロシア・ノルウェー
  • 本タラバ(ボイル) → 北海道・ロシア
  • 花咲ガニ(オス) → ロシア
  • 花咲ガニ(メス) → 北海道根室

毛ガニは北海道のみ。
本ズワイと花咲ガニの雄以外は、商品によって北海道産のものをあつかっています。

こう見ても、他の通販サイトよりも多く国内のカニを販売しているのは稀かもしれません。他サイトだと、とくにタラバガニはロシア産やアラスカ産しか売ってないです。北海道産はほぼ見ません。

かにまみれの加工地は?

かにまみれでは、カニの加工地はすべて国内(北海道・宮城)でやっています。ボイルも生も、ポーションもすべて国内。

とくに安い通販だと、ポーションの加工がお隣の巨大国でおこなわれていることがほとんど。○国で加工をやっている分、価格も安いんですね。その点、かにまみれは国内加工なので、価格はほかよりも高め。

さらにポーションにおいては、重量の公平性から、肩肉や爪はいっさい入れていません。食べられない部分は、重量にカウントしないようにあらかじめ取り除くなど、誠実さが感じられます。

”かにまみれ”には無添加商品もあり

さらに、かにまみれには無添加をできるだけ徹底しています。

たとえばポーションでも、商品によっては酸化防止剤を使っていません。(参考:【極太本たらば蟹フルポーション】かにしゃぶ用無添加 )生で無添加はかなり珍しいです。

他の通販サイトの生ポーションの原材料を見てみると、つぎのとおり。

  • 酸化防止剤
  • ビタミンC
  • 亜硫酸塩
  • アミノ酸

などなど、商品によっては調味料としていろんな添加物が含まれているものもあります。無添加など食の安全性を重視するひとにとっては、嬉しい通販サイトです。

このように、かにまみれでは産地と加工地を国内に重視しているうえ、無添加などにも力をいれています。カニに関しては正直販売を徹底しているので、とにかく安心できる通販サイトを探しているなら、かにまみれをおすすめします。